英語スピーチを暗記する方法→同時に英語力が付く方法

こんにちは。鈴木貴之です。

この記事では、英語スピーチを暗記する方法と、それを通して自分の英語力を高める方法についてお話をして行きたいと思います。

英語スピーチを暗記するならそれを何度も聞こう!

英語のスピーチ内容を覚えられないという場合、その原因として最も大きいものは何かといえば、そのスピーチに触れる時間が少ないということです。

人の脳は何度も繰り返し繰り返し入ってきた情報を覚えるようにできています。

何度も同じ歌を聞いていると、意識しなくても歌詞が頭の中に浮かんでくることってありませんか?

ドギー
ドギー
あるある!

そういう時、脳は別に覚えようと思って覚えているのではありません。

ただ無意識に音を聞いていると、自然に覚えてしまうのです。

もしあなたが「英語スピーチを暗記できない」と言って悩んでいるとしたら、おそらくそのやり方はスピーチの内容を紙に印刷し、それを読みながら覚えようとしていないでしょうか?

そのやり方ではなかなか覚えられません。

なぜなら、紙を見ながら読むという方法では『量』が圧倒的に少ないからです。

室内とか、屋外でもある場所にとどまり、紙を見ながら読まないといけない方法では、そうしている時間以外に読めないからです。

キャッティー
キャッティー
じゃあどうしたらいいのさ?

「何度も聞いている音楽の歌詞を覚えてしまうように、英語スピーチも覚えたらいい」のです。

具体的には、英語スピーチの原稿をネイティブに音声録音してもらいます。

そしてそのファイルをスマホに入れて、何度も何度も聞くのです。

この方法であれば、例えば

通勤・通学しながら

散歩をしているしながら

食事を料理しながら

車を運転しながら

など「何かをしながら」聞くことができます。

そうすると、『量』が圧倒的に増えますので、その分覚えやすくなるのです。

ドギー
ドギー
確かにながら聞きができると幅が広がりそうだね。

そして、この方法のもう一つの利点は、「無意識下にスピーチ内容を落とし込めることができる」ということ。

紙を見ながら読む練習は、あくまでも顕在意識の中でしか覚えることができません。

もちろんそれはそれで大事なのですが、耳で覚えようと思った場合、何かをしながら無意識に聞くことができるようになります。

すると、顕在意識と無意識の両方を刺激することになり、かつ無意識下に何度も落とし込んだスピーチは忘れないようになっていきます。

この2つの点から、英語スピーチを「耳から」覚えるのはすごく有効なのです。

ドギー
ドギー
でもさ・・・一つ問題があるよね。それは、自分のスピーチをどうやってネイティブに録音してもらうかということ。知り合がいればできるけど、いない人だと難しいよね。

大丈夫です。

そういう方の為に、非常に安く英語を録音するサービスを始めました。

各国の発音で英語ナレーション音声ファイルを届けます アメリカ・英国・カナダ、オーストラリア、インドの発音可能です

英語ナレーションの料金相場

オリジナルの英語の音声録音の相場を調べてみると、500語で2万円とか、少なくとも1万円を超えることがほとんどです。

しかし、当方のサービスだと、300語で1000円です。

正直、相当安い価格で提供しています。

しかも、発音もアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、インドなど自分の好みで選べ、かつそれぞれの国の発音と言ってもさらにその中で複数の発音から選ぶことができます。

なお、「安いから大したことないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

試しに、下記のサンプルを聞いてみてください。

O’Brian bookの英文をサンプル録音してみました。https://en.wikipedia.org/wiki/Collected_Short_Stories_(O%27Brian_book)

“The Return”
A man returns for a day’s fishing to a favourite spot where, over the years, he had spent happy times with several female companions. He catches a handsome trout but as he looks down at its fine flesh and feels it bound and then lie still at his gentle touch, he feels a symbolism and cannot find it in his heart to kill it.

Tolstoy notes that this story, completed in November 1939, was O’Brian’s first venture into the description of man’s relationship with nature. He praised the “delicate attention to detail and brilliant evocation of atmosphere.”

アメリカ人男性の録音。異なる方の声なのでいろいろ聴いてみてください。


こちらはアメリカ人女性。

好みの発音でオリジナル英文を録音できるので、好みの発音で英語スピーチを覚えることが可能です!

↓↓他の国の発音でのサンプルを聞きたい方はこちら↓↓

英語ナレーション サンプル
AIによる格安英語ナレーションサービス・サンプルボイスこのページでは『AIによる英語ナレーションサービス・サンプルボイス』を掲載しております。 英語ナレーションの音声ファイル購入は下記...

英語スピーチを覚えることを通して英語力を高める方法

ではここからは、今回の英語スピーチを通して英語力を高める方法についてお話します。

1.英文を日本語で理解する

もし英文を自分が作ったのであれば、意味は理解していると思います。

でももし、それが提供されたものであれば、まずは英文を日本語訳し、それに一通り目を通しましょう。

2.英語スピーチの音を覚える

次に英文の原稿を見ながら音声を聞きます。

音が聞き取れるようになりましょう。

音が聞き取れないと英文を聞き取れないので意味が分からない状態になってしまいます。

それを避ける為に最初は英文を見ながら音声を聞きましょう。

3.ディクテーション

聞いた英文を書きとる練習です。ちゃんと聞き取れているかどうかを知るために、一度はやってみてください。

「ディクテーション(Dictation)」とは、聞いた英語を一語一句書き取るトレーニングのことです。当然のことながら1回ですべてを書き取ることはできないため、同じ音声を何度か聞くことになります。

ディクテーションには、「穴埋め」と「全文書き取り」の2種類がある・・・

https://www.rarejob.com/englishlab/column/20210923/

この時にシャドーイングも取り入れるとより効果が高いでしょう。

シャドーイングとは、聞こえてきた音声のすぐあとを追って同じ音声を発するという英語の勉強法です。 もともとは通訳者の養成学校で取り入れられているトレーニングの1つで、リスニング力だけではなく発音の向上や、英語のリズムに慣れるためにも有効とされています。

https://haa.athuman.com/academy/philippines/column/shadowing/#:~:text=%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E8%81%9E%E3%81%93%E3%81%88,%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

4.意味をイメージしながら聞く

英文の音をしっかり聞き取れるようになったら、英文を聞きながらイメージとしてそれを捉える練習をしましょう。

繰り返し練習していくと、英語を聞いただけで日本語にしなくても意味が分かるようになります。

これが英会話力を伸ばす秘訣です。

日本語にしようとせず、英文をイメージのまま理解しようと思うと英語を英語のまま理解できるようになります。

ぜひ、この順序でやってみてください。

 

オリジナル英文の音声録音なら・・・

お得な当方の英語ナレーションサービスをご利用ください。

各国の発音で英語ナレーション音声ファイルを届けます アメリカ・英国・カナダ、オーストラリア、インドの発音可能です