MENU
英語教育

あなたの英語日記を最強の学習教材にするサービス(英語ナレーション)

英語日記をあなたの 『最強の英語学習法』にする方法

こんにちは。鈴木貴之です。

この記事では、あなたの英語日記に命を吹き込むサービスである「英語ナレーション」についてお話したいと思います。

英語日記を書くことは英語学習において英語力を伸ばす為に必要な重要な要素の1つです。

しかしながら、ただ書くだけではもったいない。私はそう考えています。なぜなら、それこそがあなたにとって最も効果的で、英語が話せるようになる為に『最強の学習教材』となる可能性を秘めているものだからです。

ドギー
ドギー
自分が書いた日記が教材になるって、本当?

この記事ではその理由と、教材にする方法について詳しく説明していきたいと思います。

英語日記を書くことがあなたの英語力アップにつながる

まず、英語日記を書くことがあなたの英語力アップにつながる理由についてですが、これについては他のサイトに詳しく書かれていますので、参考になるものをいくつか紹介しますね。

英会話の上達には日記が効果的!毎日続ける効果や例文ってどんなの?

こちらの記事では英語日記を続ける効果や、どういうことを書いたらいいのか、また続けるコツなどが書かれています。

キャッティー
キャッティー
ふむふむ。参考になることがいっぱい書かれてあるね

英語日記による4つの学習効果と2つのメリット|書き方のポイント・例文も紹介!

こちらの記事にある『英語日記による4つの学習効果』などは全くその通りで、思わず大きく首を振って頷いてしまうほど。

どちらの記事も参考になるのでぜひ見てみてください。

あなたの英語日記は宝の山

上で紹介した記事を読んでいただいても分かるのですが、英語は身近な題材であればあるほど覚えやすいという傾向があります。

なぜなら、身近であるからこそ毎日生活の中で触れられるものであり、何度も繰り返すからこそ記憶に定着していくのです。だから、覚える・覚えやすいのです。

日々の出来事を自分の頭の中で英語にしていくと、英語力が高くなるスピードが速くなっていきます。

人間の脳は短期記憶と長期記憶に分かれていて、短期記憶で一時的に記憶したものは忘れる傾向にあり、それが長期記録になっていくには何度もそれに触れないといけないからです。

このことは私が今まで教えてきた生徒さんの様子を見ていても真実だと分かります。また、脳科学的にも効果がある方法だと言われています。

東大セミナーさんのこちらの記事を見てください。

下記の本から書かれた内容がうまくまとめられています。

その中に、このような記述があります。

4.脳を上手くダマして、意図的に短期記憶を長期記憶に変える

ポイントは、「脳を上手くダマす」です。短期間の間に、同じ情報が何度も脳に入ると、海馬は「こんなに短期間のうちに何度も入ってくる情報なら必要なものに違いない!」と勘違いします。つまり、一定期間の間に何度も復習を繰り返すことで勉強した内容が長期記憶になるということです。

本書には、以下のような復習のプランが掲載されています。

学習した翌日に、1回目
その1週間後に、2回目
2回目の復習から2週間後に、3回目
3回目の復習から1カ月後に、4回目

また、「”一定期間の間に何度も繰り返す”というけど、”一定期間”ってどれぐらいの期間のことなの?」と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。短期記憶が保持されるのは、最大1カ月間だそうです。何か新しく覚えたいことがあったとしても、1カ月後に復習するとなるとほぼ思い出せなくなっており、新しく勉強し直すのとそんなに変わらないということになります。

カナダのウォータールー大学の研究結果によると、授業を受けたその次の日までに何も復習しなかった場合、学んだことの50%〜80%が失われるそうです。要するに、今日勉強したことも次の日にはほとんど忘れていだろうから、「その日の授業は次の日までに復習」は鉄則と言えるでしょう。この研究によれば、授業を受けた24時間以内に10分かけて復習、一週間後に5分程度復習、1カ月以内に2~4分復習すると、長期記憶になるようです。

東大セミナーさんの長期記憶のメカニズムを知り効率的に勉強しよう!

つまり、単語を覚えようと思ったら、よく昔学校や学習塾で指導されたように覚えたい単語を100回一度に書くのではなくて、一度覚えたら時間を置いて見ていく必要がある、ということです。

そうすることで覚えていくようになると脳科学の研究から結果が出ています。

ドギー
ドギー
それは信ぴょう性があるね

では、一般的に人が一番何度も触れるものは何かと言えば、『自分の日常』です。

自分の日常に起こることを英語に直して何度も触れれば、それを一生忘れません。

単語としてだけではなく、毎日英語の文章として繰り返し繰り返し頭の中に入れていけば、それはもう身に付いたも同然になります。

キャッティー
キャッティー
なるほど。それが「英語日記は最強の学習法だ」というわけだね

でも、ここで振り返って考えてみると、自分にとって身近なものを題材にした教材は世の中しません。「一般的に身近な」ものはありますが、自分だけのものってありません。

十人十色(じゅうにんといろ)という言葉がありますが、それは一人一人違うということ。

では、一人一人違う十人十色の世界で、本や教材としてそれぞれに完全にマッチングしたものはどの教材会社も出せません。本とすることも不可能でしょう。

でももし、自分の英語学習教材を教材にすることができたら・・・。

それができれば、すごく身近で実感があるので覚えやすい教材となるでしょう。

英語日記にネイティブの発音の英語ナレーションをつけ、音声ファイルにして毎日聞くようにすれば、英語力は格段にアップすることが間違いありません。

そこで、私はそれができるサービスを作りました。

各国の発音で英語ナレーション音声ファイルを届けます(ココナラ)

英語学習者の為に作ったサービスで、あなたから頂いた英文をネイティブの音声で音声ファイルにしてお渡しするというサービスです。

アメリカ英語
カナダ英語
英国英語(ウェールズ訛りも可)
オーストラリア英語
インド英語

でのナレーションが可能な為、ご自身の英語学習の目的や、訪問先の国の発音で英文を聞くことでより実践的な学習が可能になります。

オプションでネイティブによる英文チェックも可能ですので、「英語表現が間違っていないか?」と心配する必要もありません。

ちなみに、今だけ私が運営している英会話教室のTwitterアカウントをフォローすることで単語量無制限で「あなたの英語日記の英語ナレーション」を無料でサンプルとして受け取ってもらえます。

初めてのサービスなのでまずは試してもらいたいという思いから無料で提供しています。しかし、いつ無料サンプルを廃止するかは分かりませんので、ぜひ今すぐご連絡ください(Twitterアカウントをフォローして、DMでメッセージをください)。

ドギー
ドギー
これはお得だね!

英文のイメージしやすさが英語脳の獲得につながる

ちなみに、もう一つ『自分の英語日記を教材にするのが最強の英語学習法』である理由があります。

それは、英語脳の獲得につながるからです。

キャッティー
キャッティー
英語学習者であれば誰もが身につけたいと思う英語脳、それが身に付くの?

私がおススメする英語学習法にイメージリーディングというのがあります。

詳しくは下記の記事を読んでほしいのですが、

子供の英語教育の疑問に スパッと回答
【相談】次男が14歳の中学二年生です。英語があまり得意でないようなので困っていますこんにちは! 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。 今回、下記のような相談を頂きました。 次男が14歳の中学二年生です。英...

ようは英文をイメージとして捉える練習をする英語学習法です。

何を隠そう私も英語が話せるようになった直接的な英語学習法はこれなのです。イメージリーディングを繰り返した結果、それまで全く話せなかったのに話せるようになりました。

そしてそれを生徒さんにも教え、結果「英語を英語のまま理解できるようになる」「英文を日本語にせず読めるようになる」生徒さんが多数出てきています。

これは英文を映像としてイメージ出来ればできるほど効果が高い学習法です。

このやり方で英語脳を身に付けた生徒さんや英語コーチングのクライアントさんは多いのです。

イメージのしやすさは人それぞれで差がありますが、どんな人でもイメージしやすいものがあります。

それは、『自分自身の頭の中にある事』。そして、『自分の日常』。

だから、そこから出てきた英語日記を自分の英語学習の題材にするのはここからも非常に効果的と分かります。

逆に市販の英語教材が難しいのは、「自分がそのシチュエーションにいること」を想像・イメージできないから。

自分の英語日記がいかに優れた教材になりえるかをご理解いただけたと思います。

英語添削サービスもあるので、併せて使ってもらえると正しい英語を希望の発音で学習することができるようになります。

無駄に色々な英語学習教材に手を出すより、圧倒的に効果的ですので、ぜひお試しください。

各国の発音で英語ナレーション音声ファイルを届けます(ココナラ)

ちなみに、今だけ私が運営している英会話教室のTwitterアカウントをフォローすることで単語量無制限で「あなたの英語日記の英語ナレーション」を無料でサンプルとして受け取ってもらえます。

初めてのサービスなのでまずは試してもらいたいという思いから無料で提供しています。しかし、いつ無料サンプルを廃止するかは分かりませんので、ぜひ今すぐご連絡ください(Twitterアカウントをフォローして、DMでメッセージをください)。

子どもの英語学習にも役に立つ

これ、自分だけではなくお子様の英語学習にも役に立ちます。

お子様にご両親が英語を教えているというご家庭も多いと思います。自分が英語を話せるので、英語を教えているという方もいらっしゃるでしょう。

でもその時、発音が気になることはありませんか?

または、市販の教材を使っているけど、発音が「自分が教えたい国の発音じゃない」ということはありませんか?

「将来イギリスに留学させたいけど、市販の教材はアメリカ英語の発音が多くてなかなか良いのに出会えない」

というお話も聞いたことがあります。

そういう時は、お使いの教材の音声部分を当サービスで「イギリス英語の発音」に変えることが可能です。

 

または、中学生のお子様がいて、英語がとても苦手だという場合。特にリスニングが苦手だという場合は、学校の教科書をしっかり読みこむことが大事です。

でも、人により得意な学習方法は異なります。

読んで覚えるタイプの子もいれば、読むのが決定的に苦手だという子もいます。でも耳から聞いたものは覚えやすいという場合。

そういう場合は、「教科書を音として何度も聞く」というのが良い学習方法になります。

その為に音声ファイルにして、MP3プレイヤーなどに入れていつでも聞ける状態にして、聞き続けると教科書の英文を記憶していきますので、学校の英語の試験がカンタンになります。

英文を覚えているので、自然と答えが分かるようになるのです。

色々な使い方がありますので、子どもの英語学習にもぜひ活用ください。

各国の発音で英語ナレーション音声ファイルを届けます(ココナラ)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。