教育

小学4年生が英検受験の際にモチベーションが上がらない。どうする?

モチベーションが 続かない

こんにちは! 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。

今日のご質問です。

現在小学4年生ですが、英語を今のうちにしっかり身につけさせたいので英検受験をさせようとしています。ですが本人にやる気がなくて、なかなか問題集などに真剣に取り組んでくれません。どのようにすればモチベーションを持って英検学習に取り組ませることができるのでしょうか。

他にこのようなご質問も頂いております。

将来英語の重要性を感じていますので、子供には早い時期から英語に慣れてもらいたくその足掛かりとして英検を受験してもらいたいと思っています。しかし、子供は英語が大っ嫌いです。親としてはどうにかして英検を受験してもらいたいと考えていますが、その良い方法が見つからずに困っています。日常生活において少しずつ英語に興味を持ってもらえるように簡単な英会話を子供にしていますが、あまり効果がないです。英語学習をする上で親が子供にできることは何か日々考えていますが、その答えが見つかりません。
ドギー
ドギー
よくある悩みだよね。
キャッティー
キャッティー
どうしたら良いんだろう?

そうですね・・・私の答えは、何もしないです。

本人のやる気は本人でしか上がらない

まあ、当たり前の話ですが、本人のやる気は本人にしか上げられません。

本人がやる気がないのに無理やりやらせるのは、確かに英語をしっかり身に着けてほしいという親から見たらやってもらいたいことかもしれませんがあまり意味がありません。

なぜなら、そうやって嫌々やった勉強って身にならないからです。

やはり、自分でやりたいと思ってやる、合格したいと思って勉強するのが一番です。

ゴリ
ゴリ
自分が運営している英会話教室ではどうなんだ? 生徒さんがみんな英検受けたいなんて思っているのか? 

私が運営している英会話教室では「本人がやる気なければ受けなくていい」というスタンスです。

受けた方が良いけど、無理してまで受けなくていいよ、と。

でも、ある程度英語力が伸びてきたら受験を勧めます。

多くはその時に「やってみたい」となります。

それは、実は下準備しているんですよ。

キャッティー
キャッティー
何やっているのさ?

受けるのが当たり前の環境をつくる

私の場合は英会話教室を運営していて、月に一回ニュースレターを出しています。

そこで、年3回行われる英検の結果を伝えるようにしています。

これが「環境づくり」に役になっています。

ドギー
ドギー
どういうこと?

そこには学年と合格した級が書かれてあります。

それを見た生徒さんは何て思うでしょう?

そうです。

だいたいの英検取得の学年が分かります。

「だいたいこの学年だとこの急を取っている人が多いのか」

と見ていれば分かります。

すると、

「自分は今〇年生だから、そろそろかな・・・」

とか自分で思うのです。

そこで、私が下準備ができたと思った生徒さんに声を掛けます。

「英検って知っている? そろそろ受けてみない?」

と・・・。

ゴリ
ゴリ
いきなり声を掛ける訳じゃなくて、ニュースレターでそういう雰囲気を家庭内で作ってもらって、そしてその学年になったら自然と受け入れられるようになっている。そういう状態を作っているということだな
キャッティー
キャッティー
英会話スクールに通っていない人はどうしたらいいのさ?

周りに英検受験している子がいたら、そういう子の話をすると良いでしょう。

「あの子も合格した、その子も合格した」となれば、きっと気になるはずです。

特に仲の良い子が合格したとすれば・・・。

もしくは「あいつには負けない!」と思っていた同級生が合格したとすれば・・・。

親が「親が良いと思うから受けろ」ではなかなか小学生高学年の生徒は勉強しません。

でも、ピア・プレッシャーがあると、自然と受けたいと思うようになります。

ピアプレッシャーとは、いわゆる「同調圧力」のこと。 職場などで相互監視が行われることにより、ミスなく仕事を進めなきゃ、周囲に合わせて自分も残業をしなくちゃ、といった精神的負荷(ストレス)を感じやすくなります。

https://studyhacker.net/

ゴリ
ゴリ
受けない方がストレスになるんだな

英検受験は土台ができてからがおススメ

ちなみに、英語学習を全くしていない子に英検の参考書を買って、「3ヶ月で受験してみよう!」とかはおススメしません。

子供の負担が限りなく大きいからです。

私の英会話教室では土台ができて、参考書を渡し、3~6ヶ月と見ています。

早くとったから合格に色がつく、なんてことはありませんので時間を掛けても良いのです。

むしろじっくりやることをおススメします。

ただ、この際に難しいのは下記の3条件がそろっている時。

1.子供が英語を勉強したことがない
2.親が教えられない
3.教えられる人が知り合いにいない

こういう場合、ちょっとした質問などがあっても自分で考えなければなりません。

どう考えても参考書を見ただけで分からないという場合は最悪です。

理解しないで受験となるからです。その結果合格しても分からない所はそのまま、となります。

これでは「英語を今のうちにしっかり身につけさせたいので英検受験」という目的にそぐわないでしょう。

ドギー
ドギー
じゃあ、この条件がそろっている親はどうしたら良いの?

そういう時は無理に自分で教えようとせずに、ツールに頼りましょう。

おススメはこちら。



ネットで完結するので、教室で送り迎えする必要はありません。

一回払って一年間使いたい放題なので、その点も安心です。

合格実績も90%。

ぜひのぞいてみてください。

親子で英会話は子供が恥ずかしがる可能性が高い

「日常生活において少しずつ英語に興味を持ってもらえるように簡単な英会話を子供にしています」とのことですが、これは子供が恥ずかしがります。

「なんで日本語で話せばいいのに英語で話すの?」

と思っているはずです。

時々、私が運営している英会話教室の英語が話せるようになった生徒さんの保護者からこういう話をされます。

お母さん
お母さん
先生、うちの子の英語力はどんな感じなのでしょう?

え? かなり話せますよ、と言うとびっくりされます。

それは、家庭では英語を使う機会がないので親が子供の英語力を知ることができないのが原因です。

ちなみに、

「なんで家で英語話さないの?」

と聞くと、

生徒さん「だって話す機会なくない?」

と言われます。確かにその通りです。

話せても、家では話しません。

それが話せないのに親の英語での語り掛けに英語で返すというのは・・・多くの子供にとっては「何の罰ゲームだよ」と思うことでしょう。

しかもそれが突然であればなおさらです。

親が英語で話しかけ、子供が英語で恥ずかしがらずに返事をするには、それが当たり前の環境で育てることが重要です。

小さいころからそう育ってきた、など。

親が日本人でも、英語だけで話しかければ英語を話せるようになります。

これは間違いありません。

突然思いついたように何かを始めるのは、始めないよりはいいですが、子供の感情を無視することはできないので小学生中学年以上は難しいでしょう。

まだお子様が小さいという方はぜひ、小さいころからそういう環境を作ってあげて下さい。

 

親が英語が 全くダメな時 家庭内の学習を どうしたらいいの?
両親ともに英語が全く駄目でも子供の英語教育の為に家庭でできること幼児~小学生編こんにちは! 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。 さて、今日のご相談です。 こういう場合は、親御さん...
勉強する猫
英検4級に落ちたという人の為の合格する為の勉強法 この方法なら小学生でも受かる!英検4級に合格する為に必要な対策をおススメの参考書・問題集とともに紹介しています。私の英会話教室の生徒さんたちの多くは小学生で英検4級を取得しています。そのノウハウをすべてこの記事でお伝えしています。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。