英会話教室開業記

英会話教室開業記013 塩釜国際交流団体で初のイベント開催!

前回の投稿では、「今年の生徒さん大賞」を始めたこと、そしてボランティア活動の話、塩釜国際交流協会の話、そして電子書籍初出版の話などをしました。

英会話教室開業記012 初の電子書籍を出版した思い出のある時期前回の投稿では教室一周年のこと、そしてハロウィーンパーティーのことについてお話をしました。 https://takahanalee...

今回は2014年1月のお話をしたいと思います。

 

2014年の目標を立てる

まず年初にやったことは、2014年の目標を立てること。

目標1 生徒数50名を達成する

目標2 教室のフランチャイズを作る

目標3 バイリンガル育児の電子書籍を出版する

これらの結果がどうだったのかは、今後お話の中でお伝えしていこうと思う。

 

ちなみに・・・2014年を通して教室に入会してくれた生徒さんが始めに当教室のことを知った経路を見ると、下記のようになっている。

知人 11%
ブログ 51%
チラシ 14%
口コミ 16%
広告 3%
Facebook 2%

圧倒的にブログが多い。

(ちなみに、どうやって教室を最初に知ってもらった経路を知っているかというと、体験レッスン時に必ずアンケートを書いてもらっているから。その時に適切な質問をすることでこれを知ることができる。当教室で使っているアンケートはこちらでお買い求めいただけます

今では広告を出していないので、ブログからの入会率はもっとアップしているだろう。

集客と言うと「口コミが最強」という人がいるが、私はそうは思わない。なぜなら、口コミから来る人は教室のことをあまり知らず、一から説明が必要だからだ。

それに比べてブログからの来てくれた見込生徒さんはよく読んでから来てくれているので、教室の良さをしっかり理解してくれている。これは圧倒的に集客においてプラスで、ほぼ入会を決めてから来てくれるのでとても楽なのだ。

その為体験レッスンからの入会率はありがたいことに90%を超えている。

もし、どういう風に当教室でブログを作っているのか気になる方は、そのやり方を動画講座にしましたので、こちらでその詳細をご確認ください。

 

2014年の年初に書いた抱負。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

【2014年の抱負】

2013年は成長がテーマでしたが、今年は発展をテーマにしたいと思います。

具体的には、
英会話レッスン内容を確定。
生徒数をもう少し増やし、新規受け入れを締め切る。
ノウハウを他の人口5〜10万程度の場所にある個人経営の英会話スクールに教える。
バイリンガル育児本を電子書籍で出版する。
Jr.MBAをスタートする。
3ヶ月ペラペラプロジェクトを開始する。
経営者のための英会話レッスンをより高いレベルで提供する。
地域勉強会を作る。
eBayで被災地の商品の販売を開始。
odesk.comの活用を開始する。
新規事業を立ち上げる。

私が去年一年間を通して感じたことは、「為せば成る。為さねばならぬ何事も」「Motion beats meditation.」でした。そして、「人と人との関わりは大事。でも、自分に提供できる何かがあってこそ、それが本当の意味になる」でした。

特に後半部分はとにかく人とのつながりが大事だと言って、そればかりに時間を割いても、実力がなければその人間関係は活きてこないと悟りました。本当の意味において力を付けること。それが大事なんですね。

全ての人にとって良い一年となりますように。

Facebookの投稿より

 

そしてこの後、地元のパワースポット鹽竈神社にお参りした。

 

そしてその後、思ってもいなかった悲劇が・・・。

なんと、メイン講師であるHana先生が左足首の親指を複雑骨折。元旦から病院にお世話になりました・・・。

 

ボランティアで英語を石巻の中学生にスカイプで教える為、教科書ガイドを購入。

そして、冬期休業は終わり、また仕事へと戻っていったのでした・・・。

 

塩釜国際交流協会の餅つきイベント

まず最初のイベントして企画したのは、「外国人はきっと餅つきしたことないよね! したら喜ぶよね!」ということで、餅つきイベント。

餅つきイベント案内餅つきイベント案内

 

パフォーマンスの時間も作り、一芸を持つ方にそれを披露してもらうことに。

 

実際にやってみると外国人の方も5名ほど参加していただき、実際餅つきをしてもらった。

外国人と同じくらい喜んでいたのが子供たち。

その時取ったグループ写真がこちら(ぼかしをいれてあります)。

この時の成功体験をもとに、4月に別のイベントを企画することにした。

 

教室で新しいシステムの導入を検討

先ほどもチラリとお話ししたが、石巻での中学生への学習支援を開始する際に、前回の記事でお伝えしました通り石巻に行き、そこでミーティングを持った。

その際に他の教科の学習支援の方法として他の団体の方が持ってきていたのが、すららという学習システム。

これ、デモを見たら結構よかったので、教室の生徒さんにも使えそうだなということで導入を考え始めることに。

そして実際資料請求をして、より本格的に検討を開始。

そして2月からの導入を決めたのだった・・・。

(その決断が正しかった同課は今後お伝えしようと思う)

 

教室ブログがネットで検索されるようになると起こること

営業の電話が来た。

「インターネットでの集客をお手伝いします!」

と言うので、

「何であなた自身がインターネットで集客しないで、電話してくるんですか?」

と聞いたら、呂律が回らなくなって切られた。

インターネットで集客するお手伝いは、しっかりインターネットで集客できている人にお願いしたいなあ。

英語も、英語を話せない人学んでも、話せるようにはならないので、一緒だと思いました。

Facebookの投稿より

まあ、営業の電話が増える。^^

それこそいろんなところから電話が来る。大体県外からくる電話は営業だと思って間違いない。ちなみに今までに例外は一件だけだった。

 

もしあなたがブログで集客しようと思っていて、そして実際に集客できるノウハウで作ればこれは通る道。

うざいと思わずに、「自分もここまで成長したか~~」と思えば営業も気にならなくなる。

生徒さんからの電話の前に来るのが営業電話なのだ。

 

(次の記事はこちら)

バレンタインデーのギフトと親子
英会話教室開業記014 教室のキャパシティが限界に達した時期前回の記事では「2014年の目標を立てた」こと、「塩釜国際交流協会」の初イベントを行ったことなどをお伝えしてきました。 https...

 

(一番最初の記事に戻るにはこちらから)

英会話教室運営貴
英会話教室開業記001 私が英会話教室をオープンしようと思った理由この記事シリーズでは私が英会話教室を開業し、そしてどういう風に運営してきたかを赤裸々にお伝えしていきたいと思います。 なぜ、このよ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。