ブログ紹介

英語の長文読解が苦手な学生にこそ読んでほしい「国語の文章題の最も効率の良い解き方」

背中に衝撃が走った!

こんばんは引き続きブログのご紹介をば。

この記事でご紹介するのは、ツッツーさん(@tuttu0628 )のこちらの記事。

キャッティー
キャッティー
このブログに国語って珍しいね!

そうだね。英語がどうしてもメインのブログだから、国語の話題なんてほとんどないよね。

でも、この記事を読んだ時に衝撃が走ったよ。

背中に衝撃が走った!背中に衝撃が走った!

 

キャッティー
キャッティー
なんでそんなに驚いたの?

うん。

改めて、英語って言葉なんだなと思った。

だって、「国語の文章題の最も効率の良い解き方」が英語にも通じるんだから・・・。

ということで、今回はこちらの記事を紹介したいと思います。

 

(前回の記事はこちら)

常識という枠から外れた時に自由になる
常識を疑え! 「まずはやってみる」の精神をこの記事から学ぼう。こんばんは! 今夜ご紹介する記事はケnショーさん(@_K_nsho)のこちらの記事。 【2018年7月最新】未経験初心者がGo...

 

国語の文章題の最も効率の良い解き方は英語の長文読解にも使える!

ツッツーさん(@tuttu0628 )の記事を読んでいくと、まず大きな見出しでこのようにと来方を説明しています。

文章を読む前に〇〇〇に目を通す

ドギー
ドギー
な、なんで伏字なの?

そりゃ記事を読んでもらいたいからに決まっているじゃん!

これ、英語でも一緒なんですよ。

長文読解を解く時にいきなり文章を読み始めるのは非常に効率が悪い!

まずは〇〇〇を見る癖をつけましょう!

 

この後にも、

1回目は文章を〇〇〇〇読む

とか、

筆者の一番〇〇〇〇ことを押さえる

などの珠玉のアドバイスが続きます。

 

そして、ここで超ド級のアドバイスが!!

〇〇詞にチエックを入れる

英語もここは間違いやすいところ!

確かにこれをすると文章が分かりやすくなるなあ。

と思っていたら、ツッツーさん(@tuttu0628 )さんも英語に言及していました。

1回目の流し読みではもう一個しなければいけないことがあります

それは〇〇詞に印をつけることです

長文ではこの〇〇詞が重要になっています

それは英語でも一緒のことです(太字・赤字は紹介者による)

この接続詞を理解できれば国語の成績というのは一気に伸びます

ツッツーさんのブログ記事より

 

そして最後に、「ここは重点的に読んでおこう」というところまで説明されています。

 

うーむ。国語の点数の取り方をここまで分かりやすく伝えつつ、それが英語にも通じるという文章は初めて見ました・・・。

 

気になって自己紹介を見てみると、

こんにちは!ツッツーです

この5月からブログを始めました

私は全く勉強ができませんでした

しかし部活引退後の8月からすること猛勉強することによって早慶に現役で合格することができました

その経験から部活を受験のために諦めて欲しくないという思いでその時に身につけたテクニックや知識を公開していきます

一緒に合格目指して頑張っていきましょう!

なぜ全く勉強しなかった私が半年で早慶に受かることができたのか

詳しい紹介はここに書いているので読んでみてください

と書かれてありました。

三年生の8月から猛勉強して早慶に合格したノウハウからくる分かりやすさだったんですね。

 

英語の長文読解が苦手な中高生は必読の記事となります!!

 

次の記事はこちら↓↓

家事は仕事!
家事を戦略的にこなすことで仕事につなげることができるようになるよ!こんにちは! 今回ご紹介させていただくのは、はーパパさん(@papaiku02)のこちらの記事。 家事も仕事だ!親父たちが楽し...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。