英会話教室開業記

英会話教室開業記010 『子どもと家族の楽しい音楽祭in塩釜』お楽しみ抽選会付き!

最終的にはノリノリに!

今回の記事では2013年8月の出来事についてお話をしていきたいと思います。

8月は夏休みがあるため忙しい時期です。特にこの年は、前回の記事でもお伝えしましたが、月の初めに一大イベントを企画していたのです。

塩釜カトリック幼稚園で
英会話教室開業記009 生徒さんがどんどん増えてきて、ある意味最も忙しかった時期始めて「退会」という教室運営者であればだれもが避けては通れない出来事に出会った前回。 何度聞いても口の中が乾くその...

仲間たちと日々準備をしながら、この日の為に少しずつ準備を進めていました。

まずはそのあたりから物語をスタートしたいと思います。

 

『子どもと家族の楽しい音楽祭in塩釜』を開催!

ことの発端は、その時所属していた(というか役員だった)NPO法人コ・クリエーションセンターのメンバーがMinxZoneというミュージシャンから東日本大震災の被災者の為にチャリティコンサートをしたいという話をされたのが始まり。

MinxZoneさんは当時の人気アニメ「はなかっぱ」(今もやっているのかな?)のオープニングテーマソングだったので、歌に対する幼児~小学生低学年の認知度は高く、多くの人を引きづけるイベントにしようとみんなで頑張っていた。

1999年11月に大阪で結成され、2002年に上京。上京後は路上ライブを展開し、2008年に路上ライブがきっかけでデビッド・ジョーンズのCMソングに起用される。

2011年4月24日、エイベックス・エンタテインメントからミニアルバム『紙ピアノ』を発売し、メジャーデビューを果たす。また同日、yukariが「十川ゆかり」名義でサンクチュアリ・パブリッシングから『この世で一番大切な日 心温まる31のエピソード』を発売し、メジャーデビューと同時に書籍デビューも果たした。同書籍は、3版まで増版し5万部を超える新人作家としては異例のヒットとなっている。

2012年4月18日発売の1stシングル『そりゃそりゃそうじゃん〜新世代のマーチ〜 / 花歌』は、それぞれNHK Eテレの「はなかっぱ」オープニングテーマ、プライベートブランドstyleone CMに起用されている。

ウィキペディアより

まず、共催として塩竈市教育委員会にも協力を依頼。その結果エスプ塩竈の大ホールでの公演が決定。

イベント内容は、当時のイベント紹介ページを見ると下記のようになっていた。

日頃、育児に頑張っているご家族が音楽を通して、子どもと共に楽しめる音楽祭です。

ゲストは、NHKはなかっぱ2012年主題歌で幼児を中心に人気があるミュージシャングループ、ミンクスゾーンです。

メンバーが、育児をされているご家族へ、音楽を通して応援したいという想いから実現しました。

ご家族で楽しめるイベントを実施しますので、お気軽にご来場ください。

Facebookイベントページより

当時のポスターがこちら。

『子どもと家族の楽しい音楽祭in塩釜』ポスター『子どもと家族の楽しい音楽祭in塩釜』ポスター

 

なんと、塩竈市内の様々な企業にお願いし、協賛品として各企業の商品を提供して頂いた。コンサート後のお楽しみ抽選会でチケットを引いて頂き、企業に取りに行っていただくという形で提供させてもらった。

当時お世話になった企業の皆様には改めて感謝を申し上げます。

 

実際のコンサートの様子

次に、実際のコンサートの様子をご紹介したいと思う。

コンサートの様子コンサートの様子

 

(写真には個人が特定されないように少しぼかしをいれている。でも、雰囲気はつかんでいただけると思う)

コンサート最初は緊張気味の子供たちコンサート最初は緊張気味の子供たち

 

だんだんノリノリに!だんだんノリノリに!

 

最終的にはノリノリに!最終的には超ノリノリに!

 

コンサート後の抽選会コンサート後の抽選会

 

最初から最後まで手作りのコンサートイベントだったが、無事に終了しホッと胸をなでおろした。

イベントを共に作った仲間たちイベントを共に作った仲間たち

 

イベントを作った仲間たちとの頑張りは、今でも心に残ってる。

今ではあまり会うことはないが、この時の記憶は宝物。

 

イベントは教室集客としては効果があったのか?

実際、イベントをしたから生徒さんが増えた、という直接的な因果関係はなかった。

しかしながら、イベント企画・実行を通して得た経験は、教室集客に良い影響を与えていると思う。

どういう風にすると参加者は喜んでくれるだろうか?

どうやって集客するか?

やり遂げる力。

人の流れの誘導。

計画通りに進める力。

計画通りにいかない時のアドリブ力。

そういったものは、教室を運営しているだけでは経験できない貴重なものだった。

 

クッキングイベントも開催

実は、この月はそれだけではなく、他にも親子クッキングイベントも開催していた。

講師も含めて10名での開催。

来てくださりありがとうございました!

 

教室オープンして初めての夏休み

最初は「一週間も休んだら、生徒さんいなくなるんじゃないか?」なんて怖かった。

でも、お盆に休まないわけにもいかないので、一週間のお休みを頂くことに。

その時の投稿内容がこれ。

 

この中で語られている「二日間は石巻で学生相手にボランティア。」の内容を実施した時の投稿がこちら。

当時は東日本大震災から二年たっていたが、まだまだこういう子がいるのだと改めて思い知らされた。この子は今はどうしているんだろう・・・?

 

ちなみに、夏期休暇の様子はこちら。興味のある人だけ見てみてください。

お盆休み後の投稿。

ちなみに、バケーション後もちゃんと生徒さんたちは来てくださいました。

 

ビデオ英会話講座を配信開始

最初はこっそりやっていた(鍵かけていた)が、途中から誰もが見られるように変更。

英語学習に役立つQuick Response Lessonが受けられる動画講座。

 

生徒さんの成長

生徒さんは、どんどん成長していく。

イメージリーディング
英語のリーディング力を伸ばす勉強法【決定版!】 【中学生の自分に伝えたいことシリーズ3】前回の記事「be動詞と一般動詞の違いを見分ける方法」では中学一年生が間違いやすい文法について、どのように見分ければいいかというお話をしま...

生徒の成長はすごくうれしい。どんどん伸びていくのだ!

でも、当時に書き残したメモにこう書いてある。

「できない」という言葉。

子供でも、結構いう子が多く、大人でも声には出さないで、心で言っている人も多いのではないかと思います。

でもこれって、すごく危険な言葉です。

本来頑張ればできるはずなのに、できないと言ってしまうから、できなくなることがあるのではないでしょうか?

無理やりやらせても、その場合できません。

すると、「ほらね。やっぱりできなかった」と自分を納得させてしまいます。

そういうことを繰り返すと、いつの間にかやることすらやめてしまう・・・。

だから、特に子供に関しては、「できる」体験をたくさん積ませてあげることが重要です。

え?大人だったら?ですか?

大人も同じですよ(^^)

当時から思っていたが、「できない」とすぐに口にしてしまう子供たちが多い。

そういう風に言う時に、私はこう伝えている。

「できない」というのは「一生できない」じゃなくて、「今できない」だと。

だから、できるようになろう、と。

 

そして、これは子供というより少し上の年齢層へのメッセージ。

若い人と話をしていると、とても感じることがある。

それは、その時に流行っていることを鵜呑みにしているということだ。

結果には必ず原因があるということの意味を、知らないのかなと思う。

他人の作ったルールの中で勝負しちゃいけない。

コップの中に入ってしまうと、コップを持っている人には敵わない。

だから、あえて言おう。

ルールに、従うな。

ルールを疑え。

ルールを作った人はどんな目的で、誰のために作ったのかを考えろ。

小さいはこの中に自ら入り、その中で一生懸命努力するのは辞めよう。

あなたは、そんなちっぽけな存在じゃない。

考えるんだ。

頭を使うんだ。

体を使うよりも疲れる。

でも、100倍、1000倍の違いを生む。

思考を止めるな。

馬鹿になろう。

同時に、詳細にこだわろう。

「そんなことできねえよ」と言われたらチャンスだ。

その人に納得してもらえるだけの計画を練ろう。

逆境は、あなたを弱くしない。

逆境は、きちんと立ち向かえば、天からのギフトだ。

時が経てば分かる。

でも、立ち向かわなければ、大きな壁となって、あなたの行く手を遮るだろう。

他の何物もあなたの人生に決定的な影響を与えない。

ただ人とあるとすれば、それはあなたが鏡の前に立つとそこに映る、その人だけだ。

自己中心的になるなと人は言う。

でも、言おう。

自己中心的になれと!!

利他的な自己中心になれ!

自分の身の回りの出来事を、他人のせいにするな。

一度、全てを自分の責任と受け止めよう。

そして、考えよう。

「もしこの問題を解決できるとしたら・・・」

あなたには無限の可能性がある。

そう、私は信じている。

メモに埋もれていたこのメッセージ、またブログで伝えられてとてもうれしい。

 

最後に、当時悩んでいたこと

最後に当時悩んでいたことを伝えて終わりにしたいと思う。

うむ。私も「若禿ブロガー」を名乗ろうかな・・・。

え? 若くないだろうって?

ごもっともです・・・。

 

次の記事はこちら↓↓

ハロウィーンパーティー2013
英会話教室開業記011 教室開校一周年 & ハロウィーンパーティー!前回の記事では大きなイベントがあって、2013年8月は非常に忙しく、それがメインの記事でした。 しかし、その中で私が考えていたこと...

(一番最初の記事に戻るにはこちらから)

英会話教室運営貴
英会話教室開業記001 私が英会話教室をオープンしようと思った理由この記事シリーズでは私が英会話教室を開業し、そしてどういう風に運営してきたかを赤裸々にお伝えしていきたいと思います。 なぜ、このよ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。