英会話教室開業記

英会話教室開業記008 最も生徒が集まる時期に起こった涙が止まらない出来事。

戸倉小学校でのボランティア活動

2013年の2月~3月はこの当時作成されたチラシのパワーにより、たくさんの生徒さんにご入会いただきました。

生徒さんからの絵のプレゼント
英会話教室開業記007 この時に始めた活動が今でも行っているボランティア活動の原点に2013年が明け、最初の月は様々な方からお世話になりながらなんとか生活&教室運営を続けていました。 https://takahan...

また、新たにボランティア活動もスタートし、だんだん教室と生活にメリハリが出てきたこの時期。

これからの希望を胸に、意気揚々としていました。

しかし!!

教室経営者であればだれもが恐れ、実際起こってしまったら涙なしでは語れない「あれ」が行ってしまったのです。

そのあれとは・・・

 

この時初めて当教室で「退会」が発生した。

そう、「あれ」とは退会のこと。

あなたが教室を運営しているとしたら、これほど恐ろしく、悲しく、愕然とするものはないと言い切ることができるだろう。

初めてその言葉を聞いた時、私の気持ちはこんな感じだった。

退会と聞いて時の私の気持ち退会と聞いて時の私の気持ち

 

もちろん、保護者の前ではそんな気持ちはおくびも見せない。

・・・・・・見せていない、ハズ・・・・・・。

 

この時は全く気付いていなかったが、退会は決して悪いことではない。なぜなら、新しい生徒さんと出会えるチャンスなのだから!

 

でも、生徒数が少ない時の退会は腹の底から堪える。

しかし、表面上は堪えてないふりをしないといけない。なぜなら、情けない姿を見せるべきではないと私は思うからだ。そんな姿を見せて退会を辞めさせようとか思うのは良いが、そんなのはほとんど効果がない。

去る者は追わず。

笑顔で送り出した方が良いというもの。

 

ちなみに、アホなスクールは退会まで何か月も掛かるようなところがある。

「退会する」と言ってから3ヶ月も退会までにかかるなんてありえない。

そりゃ新しい生徒さんに来てもらうのは大変だ。でも、それはスクールの都合。「辞めたい」と言っている人にそこから無理やり数ヶ月も通ってもらうなんて、それはお互いにとっての時間とお金の無駄だと思う。

そんなことをするくらいなら、新しい生徒さんを見つける方がどれほど建設的か。

もしこれからなたが教室を開業するというのであれば、これだけは言っておこう。

「退会したい」という人がでたら、すぐに辞めてもらおう。

そしてすぐに新しい生徒さんを探そう。

退会する生徒さんに残り3ヶ月をダラダラレッスン内で過ごされるよりも、絶対に良いレッスンができるし、前向きになれるから。

先輩からのアドバイスと思って聞いてほしい。

 

この時に入会してくれた生徒さんとその為にしたこと

さて、この時に入会してくれたのは、小学生が4名と幼児が2名。

この6人のうち4人は元気に今でも通ってくれている。当教室生え抜きの生徒さんたちだ(一人は高校受験の為中3で卒業。もう一人は部活が忙しすぎて中2で退会)。

しかも、そのうち2人は今では英語をかなり話せるようになっている。5年という月日で日本にいながらこれだけ子供でも英語が話せるようになるという見本になる生徒さんたちだ。

引き続きチラシをまいていたのが良かったらしい。また、ブログからの集客もあった。

チラシ&ブログは教室が始まって初期のころは合わせて使うことで効果が高い。

 

あと、このころの手帳を見るとこのように書いてある。

毎回レッスンの時は「これで教えるのが最後だ」という気持ちで教える

今も同じような気持ちで教えているが、こういう風に思って毎回レッスンをするのと何も考えずにレッスンをするのとの間には大きな差があると思う。

 

また、体験レッスンに来てれた子供たちには必ずポストカードを送っていた。

また、風邪を引いた生徒さんが出てきたら、Art & Craftのレッスンとして「早く良くなってね!」カードを生徒さんと作ったりしていた。

Get Well SoonGet Well Soon

 

ポストカードと言えば、体験レッスン後のフォローアップにも使用していた。電話や携帯にメールするよりも、こちらの方が今では無理なくフォローアップができると思っている。ポストカードを送って、「その後いかがですか?」と聞くだけでも良いのだ。

また、当初はまだまだ枠が開いていたので、「無料体験レッスン後の30日間3000円でさらに体験」という案内もしていた。その場で決まらず、しばらく待っても連絡がない人向けのキャンペーン。

「1回の体験レッスンでは決められない」という人の心の響き、このポストカードを贈るとほぼ1ヵ月3000円の体験に申し込んでくれた。

 

また、英会話カフェの方も順調に来られる方が増えていた。

そして、生徒さんや保護者からプレゼントももらえるようになってきた。

生徒さんからの誕生日プレゼント生徒さんからの誕生日プレゼント

 

いつになってもプレゼントはうれしいものだ。

 

ボランティア活動は南三陸町教育委員会公認に

2013年4月から、南三陸町戸倉小学校でのボランティア活動は南三陸町教育委員会の後任となった。

南三陸町教育委員会教育長と南三陸町教育委員会教育長と

 

教育長は写真の真ん中にいる方。我々の活動を快く迎え入れてくれた。

私は英語指導担当として、月に二回南三陸町に行くことになった。

戸倉小学校でのボランティア活動 戸倉小学校でのボランティア活動

月に二回、南三陸町に来るまで2時間かけて行き、40分活動し、また2時間かけて戻るということを2年間やり続けた。

子供たちの笑顔がこの時の動機だった。

ただ、「やりたいという子が参加」という仕組みだったため、仲間の「テニス」と比べるとどうしても参加する人数は少なかった。

もっと面白くできればよかったのかな・・・。

今でも時々そう思いだすことがある。

 

この期間は生徒さんが4人退会し、6名入会という入れ替わりが激しい時期だった。

そして、次の二ヵ月に移動していく・・・。

(To be continued…)

塩釜カトリック幼稚園で
英会話教室開業記009 生徒さんがどんどん増えてきて、ある意味最も忙しかった時期始めて「退会」という教室運営者であればだれもが避けては通れない出来事に出会った前回。 何度聞いても口の中が乾くその...

 

(一番最初の記事に戻るにはこちらから)

英会話教室運営貴
英会話教室開業記001 私が英会話教室をオープンしようと思った理由この記事シリーズでは私が英会話教室を開業し、そしてどういう風に運営してきたかを赤裸々にお伝えしていきたいと思います。 なぜ、このよ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。