英語教育

英検3級の2次試験(面接)に合格する勉強方法を現役英会話教室講師が教えます。

英検3級2次試験に合格する為の勉強法

英検3級の2次試験。

受けたことがない人にとっては「どんな試験なんだろう?」とドキドキすることも多いでしょう。

私の英会話教室では面接を受ける生徒さんたち(主に小学生高学年)の指導を毎回行っています。

そこで見つけた引っかかりやすい場所、そして正解するために大切な考え方についてこの記事ではお伝えしていきたいと思います。

これを読むことで合格できます! ということはありませんが、少なくとも「どう勉強していいのか分からない!」ということはなくなるでしょう(保護者の方にもどうヘルプしたらいいか分かりやすいように書いていこうと思います)。

この記事を読むことで、英検3級の2次試験初心者がどこに気を付ければいいか、どうすれば高い点数が取れるかが理解できるようになります!

 

英検3級2次試験・面接の基本

英検3級の二次試験では、下記の項目で点数をつけられます。

リーディング 5点
問1 5点
問2 5点
問3 5点
問4 5点
問5 5点
アティチュード(態度) 3点

合計 33点

このうちのアティチュードとは、入室から退室するまで英語でコミュニケーションをしようとしたか、また面接中の座り方などを見られます。

 

英検3級の2次試験を受けるということは、この面接が経験の面接を受けることが初めてだという方もいるでしょう。その場合は入室~面接~退室の流れを把握しておくことが必要です。

おススメは、市販の教材を購入すること。教室では下記の教材を使っています。

しかしながら、もし金銭的な余裕がないという場合は、下記の英検のHPは必ず見るようにしておきましょう。

英検3級の面接は、面接開始前と終了後も大切!

面接の流れを理解する為に使えるのが、英検のHP上にある「バーチャル二次試験/バーチャルスピーキングテスト」のページ。

英検3級面接対策バーチャル二次試験英検3級面接対策バーチャル二次試験

 

これを一通り見ることで、「どういう時にどんなことを言われるか」そして「どういう時に何を言えばいいのか?」が分かります。

メモを取りながら見ることで、内容をより覚えやすくなるでしょう。

ここでイメージトレーニングをしておけば、本番で焦って何を言ったらいいか分からず、黙ってしまうということはなくなります。この動画を見て、しっかりと頭の中で練習しておきましょう。

本番では焦ることが最も大きな敵です。焦りに負けないように、しっかり準備をしていきましょう!

 

リーディングについてのアドバイス

まず、英検HPのこちらのページでどんな問題が出るか調べておきましょう。

大体のイメージがつかめるはずです。

上に書かれてある文章が「パッセージ」です。

最初に20秒ここを黙読し、その後は音読します。

20秒の間にさっと文章に目を通し、読めない単語がないかどうかチェックします。

もし読めない単語があればフォニックスを使って読めるようになっておくと良いでしょう。

イメージリーディング
英語のリーディング力を伸ばす勉強法【決定版!】 【中学生の自分に伝えたいことシリーズ3】前回の記事「be動詞と一般動詞の違いを見分ける方法」では中学一年生が間違いやすい文法について、どのように見分ければいいかというお話をしま...

もしフォニックスをマスターしていないという場合は、間違っても良いので読み方を考えておきましょう。最悪ローマ字読みでも仕方がありません。

リーディングは普段読んでおくと良い普段から英文に触れておくとリーディングはかんたんに感じられる

 

気を付けないといけないのは、分からない単語が出てきたからと言ってパニックにならないこと。そして、読めないからと言ってそこで立ち止まってしまい、時間だけが過ぎていくということがようにすること。 

リーディングは一番最初のところ。ここでパニックになってしまうとその後の質問に答えられなくなってしまったり、興奮してしまうことでいつもは聞こえるのに面接官の英語が聞こえなくなったり大変になってしまいます。

間違っても良いので、さっと読んじゃった方が良いのです。5点ありますから、そこで減点されるでしょうが、そこで立ち止まって読めなかったりその後の質問が壊滅的になるよりもはるかに高い点数が取れます。

 

その他に注意するところは、基本的なところをきちんとしようという点です。例えば、カンマで息をつくとか、ピリオドでしっかりいったん止まるなどです。スムースに読めるのがベストですが、できなくても一生懸命読みましょう。

 

問1:リーディングの質問に対するアドバイス

リーディングの質問に対する答えは必ずパッセージの中にあります。

よ~く面接官の質問を聞くと、本文中の英文に近いところがあります。そこが答える場所です。

例えば、英検HPのこの「問題のサンプル」を見てみましょう。

http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/virtual/grade_3/pdf/grade_3.pdf

質問は「What can people learn from the radio?」です。

ポイントは「can learn」と「from the radio」です。

パッセージを見ると、「People can learn English and other languages from the radio.」と書かれてあります。

すると、「ああ、ここだな!」と分かるわけです。

でも、そのまま答えないでください。

この質問にそのまま書いてある通りに答えると減点されます。

「people」を「They」に変えて答えましょう。

They can learn English and other languages from the radio.

が完璧な正解です。

これは、英語は人や物が出てきた時、その後は「代名詞」を使うというルールがあるからです。これ以降も同じですので、ここは注意してくださいね!

 

問2&3:絵の質問についての質問に対するアドバイス

次に絵についての質問が二つあります。

ひとつは、誰かが「何をしているのか?」か「何をしようとしているのか?」が聞かれます。

「何をしているのか?」は「現在進行形」の文。「何をしようとしているのか?」は「be going to(未来)」の分を使うことがほとんどです。

面接官の言っていることをよく聞いて、どちらなのかを見極めましょう。

そしてその上で、「現在進行形」で聞かれたら「現在進行形」で、「be going to」の文で聞かれたら同じ文法で返しましょう。

質問をしていくことで答えが発見できる面接官の言うことをよく聞きましょう。(実際はこんな近くありません)

 

重要なのは、聞かれた通り答える(聞かれたのと同じ文法で答える)ということ。

もう一つは、「Where」を使った文章、ないしは「How many ____ are there…?」という文章が多いです。

これも聞かれたのと同じ文法で返しましょう。

 

問4についてのアドバイス

問4と5はあなたについて聞かれます。

だから、あなたの考えを答えましょう。

そして大事なのは、これも聞かれた通り答えるということ。

例えば例題では「What do you like to do on weekends?」と聞かれています。

だから、同じく

I like to play games.

と答えるのです。文章で答えましょう。

リスニング力があれば、基本は聞かれた通り答えるだけですのでだいぶ楽ですよ。

 

あと、「答えすぎない」「考えすぎない」ということに注意してください。

勉強が分からない考えすぎないのが大事

 

時々、「え? 週末に何をするか? あれもやるしこれもやるし・・・」「毎週やることが違う・・・」そんな場合、パニックになってしまうことが多いのです。

でもここで求められている答えはほんの一言。

だから、たくさんやっていることがあればそのうち一つを取って、それだけ答えるようにしましょう。それだけで良いのです。

 

もう一つ、これは小さい声で言いますが、うそでもいいのです。

答えやすいものがあれば、それで答えちゃいましょう。面接官が「それうそでしょ!」とか突っ込んでくることはほぼありませんので・・・。

 

問5についてのアドバイス

これは、最初にYes/Noで答えられる質問をしてきます。その後、さらに突っ込んでくるという構成になっています。

例えば、英検HPの例題では

Have you ever been to a foreign country?

という質問になっています。

答えはYes, I have. / No, I haven’t. どっちでもOKです(ここも聞かれたとおりに答える)。

すると、選んだ選択肢によって突っ込みが来ます。

Yesと答えると、Please tell me more. と言われます。

この時、「え? もっと教えてって・・・何言えばいいかな」と不安にならないでください。求められている答えは「I’ve been to America.」だけですので。

3級は一言答えればそれで十分なんです。

ちなみにNoと答えると、こんな突っ込みが来ます。

What country would you like to visit?

答えの例は、「I’d like to go to Mongolia.」だけです。

しつこいですが、聞かれた文法と同じ文法を使いましょう。「would like to…(~したい)」の文法で聞かれているので、同じ文法で答えるんですね。

 

ちなみに、これもうそでも構いません。

答えやすいものを答えればOKです。

 

まとめ

今回、いろいろとお話してきましたが、大事なのはこれ。

2次試験の準備はちゃんとしていこう

準備さえしていればそんなにそんなに難しいということはありません。

でも、一度も受けていないのにいきなり面接に行ったら難易度が高いでしょう。

この記事で書かれた内容を良く読んで、問題に多数触れて、面接を受けると受かるでしょう。

では、どこで問題を手に入れればいいかというと・・・

先ほども紹介しましたが、書籍を準備すると良いでしょう。

 

ちなみに、普段から会話に慣れておくと3級の面接はとても簡単になります。

自宅にいながら様々な国の講師と話をできるのがDMM英会話の特徴。レッスン料もお手頃価格なので、お財布に負担なくレッスンを受けられます。

あなたの英検3級2次試験合格をお祈りしております!

 

【PR】英検合格の近道! マンツーマン指導(オンライン)と楽しみながら英検に合格出来るオリジナル教材 スモールワールド・オンライン英会話で限定販売→

 

英検3級ライティングの勉強
小学三年生が英検3級ライティングで高得点を取る為にできることこの記事では英検3級のライティングを小学生が受験する際に難しく感じるところを解説し、合格する為のコツを紹介。この方法でライティングを勉強すると高い点数が取れるようになります!...
道しるべ
英検に合格できない! 3級以上の英検を受験しても何度も落ちてしまう人への対策法今回の記事は寄稿記事となります。 寄稿していただいたのは、同じ宮城県に在住の予備校講師をされている鈴木様(同じ苗字ですが親戚ではあ...
中学英語をまんがでやり直す本
英語が苦手な受験勉強中の中学3年生はこの本を読め!「中学英語をまんがでやり直す本」の書評中学3年生にとって高校受験前の最も大事な時期である夏休みが終了し、9月に入りました。 この夏休み、しっかり勉強できたでしょうか? ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。