文章講座

文章を読んでも行動しない理由11個のリスト ~これらの答えを提示すると行動につながる~

文章を読んでも行動してもらえない時に見るべきリスト

「一生懸命文章を書いても、そこから申し込みが入らない! アクセスはあるのに・・・」

そのように悩んでいる先生の為にこの記事を書きました。

 

私が個人の先生・地域のお店のブログ集客診断を行う時に見るポイントは下記の3つ。

① アクセスがあるか?
② 差別化されたウリがあるか?
③ 販売記事があるか?

基本的にはこれらをすべてクリアしていたらHPやブログから申し込みが入らないということはありません。少なくとも反応はあるはずです。

しかし、もしあなたが比較的高額な商品を販売しているとしたら・・・

もしくはそれほど高額でもないが、継続的に費用が掛かるものを売っているとしたら・・・

今回の記事を読み、11のリストへの答えを考えてください。そしてそれを販売記事に入れましょう。そうすることで、今まで「読者が行動することを妨げていたもの」がなくなり、あなたの記事を読むことで行動してくれるようになるでしょう。

ゴリ
ゴリ
Takaの得意な話だな!

文章を読んでも行動しない理由11個のリスト

それでは、さっそく見ていきましょう。

文章を読んでも行動してもらえない時に見るべきリスト

① た、高すぎる!

そうです。まず引っかかるのは、値段。

ちなみに、この言葉が全く聞かれないということは、価格が安すぎるということです。買う前に「安いね!」と言われているとしたら、価格を今すぐ見直しましょう。

なぜなら、「うう~~、高いけど、申し込む!」という人が多ければ多いほどその価格設定あ適切だからです(この場合の「適切」とは、利益の最大化という意味です)。

重要なのは、「高い!」と言わせた後で、文章を読んでもらうことで「いや、ひょっとすると、これってお得なんじゃ?!」と思ってもらえるようにすること。

ではどのようにそのように感じてもらうかというと、

1)得たもの以上の価値が返ってくることを理解してもらう。

(5万円のコンサルティングサービスを買ってもらうことで、毎月売上が1円アップすることを論理的に説明、およびお客様の声で証明するなど)

2)安い価格のものを高い価格のものと比べる。

(私のブログ集客ノウハウセットは2万円(税別)だが、コンサルティングは5万円)

3)一度払いじゃなく、数回に分けて払ってもらえるようにする。

(「ブランドバックは高いから、クレジットカードで払ってリボ払いで払おう!」という心理と同じ)

4)その時に買わないと買えなくなる。

(嘘は絶対にいけないですが、希少価値があり、多くの人が欲しいモノは価格が高くなる。でも売れる)

5)顧客のことを深く理解して、その人が望む未来を手に入れられることを伝える。

と5つの方法があります。ぜひそれぞれの内容を参考に、「自分だったらどうするか?」を考えて、それを伝えてみてください。

キャッティー
キャッティー
「高すぎる!」に対してできることっていっぱいあるんだね!
つまらない文章は読まれない
アンフェアだと言われるくらい集客できるようになる為の文章講座 ~7つのキーポイント~ふう~~、終わった!! 違うよ。集客したい個人の先生のコンサルティングをしていたんだ。 う~ん、いろいろお話...

② これ、本当に私の問題を解決できるの?

その人と同じようなアバター(ペルソナ)の顧客の感想(「商品・サービスを使うことで問題が解決できた! 得たいものが得られた!」という)を掲載する。

自分自身が理想の顧客のアバター(ペルソナ)と同じであれば、自分自身がいかにそれを克服してきたのか、そしてどうしてそれを売っているのかを伝える。

③ この人が何を売っているのかが分からない。

冗談みたいな本当の話ですが、人は理解できないものを買いません。怖くて買えないのです。

ブログに[…] […]というコメントがつく件

こういう時は、その人が理解できるたとえ話をしましょう。あなたのビジネスが複雑で理解しにくければしにくいほど、たとえ話ができると行動してもらえやすくなります。

例えば、マーケティングを魚釣りで例える話があります。魚釣りとは、ただ単に餌を針につけて海に投げてあとは待つだけ、というものではありません。

そもそもどんな魚を釣りたいのか? その魚を釣る為に最適な(もしくはゲームとして楽しむのに最適な)竿、針、糸は何か? その魚が好きなエサは何か? その魚はどこにいるのか? その日の天候、潮、気候状況ではいる場所は変わるのか? 魚が針に掛かったらどのように戦うのがベストなのか?

魚のことを知れば知るほど釣で勝てる確率は高くなります。

これは、マーケティング、集客でも同じです。

あなたが一般の人に理解しにくいものを売っているとしたら、それを説明するのに良いたとえ話がないか考えましょう。

理解しにくいものを売るときはたとえ話をしよう

④ 自分に自信がない

これ、時々あるのですが、読者が自分自身を信頼していないと行動してくれません。

過去にあったこと、その経験が自分の足を引っ張るのです。

例えば、「ブログでお金が稼げるよ!」という情報をどこかで見た時に、「いやいや、この人は嘘をついている! 自分は以前やってみたけど稼げなかったぞ!」という場合がこれです。

こういう人に「ブログで稼げる」というアイデアを売ろうとしても、並大抵では動きません。

では、どうすればよいかというと、

・ 過去に同じように失敗した人も成功している例を見せる。
・ 「今回は違う」ということを証拠とともに見せる。
・ デモンストレーションをする。

などがあげられます。

⑤ もし、失敗したら・・・

やる前から失敗することを心配する人がいます。

キャッティー
キャッティー
そういう人は放っておけばいいよ!

そういう時はその心配が杞憂であることを、実例を示しながら説明すると良いでしょう。

もしくは、同じように「始める前は心配だったけど、初めてよかったです!」というお客様の感想を紹介するのも効果的です。

または、行動して失敗しても大丈夫なように行動へのハードルを下げるのも良いでしょう。具体的には、返金保証を付けたり、成功するまでフォローするなどの特典を付けるなどです。

⑥ 妻に何て言おう? 夫に何て言おう? パートナーに・・・

どのように言うとOKがもらいやすいかをあらかじめ伝えてしまいましょう。

自分では説明ができない、説明を考えるのが難しいという人が多いのです。だから、それができるだけの素材をあらかじめ渡してしまいましょう。

⑦ 友達に・知人に何て言われるだろう?

意外に他の人の目が気になる人が多いものです。

ドギー
ドギー
僕、メッチャ気になる!

それを使うことで友達に、知り合いにバカにされないだろうか? そのように真剣に悩む人も世の中にはたくさんいるのです。

私がコンサルティングをしている個人の教室の先生も、「こんなことを言ったら周りの同業者になんて思われるか・・・」と真剣に悩む方がいます。

分からない人には分からないでしょうが、これってとても深いレベルでの悩みであることが多いのです。

人の目が気になる

こういう人には、これがいかに普通であることかを伝える為にあなたの商品・サービスを使っている人をたくさん紹介したり、それが普通であることを目で見て分かる形で伝えましょう。

⑧ 後でもいいか!(今じゃなくても・・・)

世の中にはすぐに決断できず、ずるずると先延ばしにする人がいます。

正直言って、こういう人は一生スタートできません。でも、それはその人の為にならないので、背中を叩いてでも動いてもらうことが重要です。

「今すぐ」行動しなければならない理由を伝えましょう。

〆切、限定、特典の消滅、値段の向上などを伝えて、遅い人にペナルティを与えるのです。

あなたが顧客の為になるモノを売っていればいるほど、これは重要です。なぜなら、彼らはそれを買った方が将来ハッピーになれるからです。あなたが真剣に売らないということは、彼らのハッピーになる未来を奪っていることになるのです。

あなたが下の絵のように、お客様があなたのお店を経由することで踊りだすほどハッピーになれるとしたら、あなたが自分の商品をできるだけ多くの人に売る努力をしないとしたら、それはあなたの「罪」なのです!

集客において重要な考え方

⑨ 他にも同じようなものを売っている人がいるし・・・

その人にとってあなたがベストであることを伝えましょう。

圧倒的なウリを確立し、伝えましょう。

顧客のことを深く理解し、理想の顧客のアバターに語り掛けましょう。

正しい強みの見つけ方・間違った強みの見つけ方
個人の経営者向け:正しい強みの見つけ方と間違った強みの見つけ方「ここが、私の強みです!」 私がコンサルティングをする際に必ず最初に見るところがあります。 それは、「その方のウリ(USP、...

⑩ フィーリングが合わない。

そんな奴はかまうな! と言いたいですが、単純にあなたのことを知らないだけかもしれません。

あなたがなぜそれを売っているのか? どんな思いで仕事をしているのか? どういう人に使ってほしいのか? そういうことをしっかりと伝えていきましょう。

その上でフィーリングが合わない場合は仕方がありません。

でも、そういうことをしっかりしないでそう思われているとしたら、それはあなたの責任です。

⑪ この人は信頼できるの?

あなたが得た賞、資格、経験を最大限伝えましょう。

有名人や専門家からの推薦があればそれを見せましょう。

そして何より、今まであなたがハッピーにしてきた人をたくさん紹介しましょう。

 

文章を読んでも行動しない場合の対処法

① この記事の11のリストへの答えを見つける。
② それらをしっかりと伝える。

 

ゴリ
ゴリ
長かったな。でもためになった。これからはオレもすぐにあきらめないで、これらの内容を伝えていくよ。

うん。それが良いね。・・・って、ゴリ、君は何か売っていたっけ?

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。