英語教育

英会話教室には何歳から通わせると効果的か? → その質問に現役講師が答えます。

英語は何歳から習わせると効果的か

今回の記事タイトルのような質問を時々受けます。

実際、英語が話せないお母さんにとっては、この問題はたくさんの人がたくさんの意見を言っていて、「どれを信じていいか分からない」と悩まれている問題です。

キャッティー
キャッティー
確かにいろいろな人がいろんなことを言っているよね。でも、ほとんどがポジショントークだと思うんだけど・・・。

キャッティー、難しい言葉知っているね! その通り。多くの場合、人の発言はその人の立ち位置に左右されて今います。だから、その人が「なぜそういうことを言うのか?」ということをしっかりと見抜かないと、振り回されてしまうのです。

そこで、この記事では、この問題について切り込んでいってみたいと思います。私自身が教室で指導して得た知見も交えてのお話になります。

0~3歳で週一回だけ通うのはお金のムダ

まず、最初にお伝えしたいのはこれ↑↑。時間とお金のムダですので絶対にやらないでください。

ドギー
ドギー
え? 0歳から受け入れている教室って結構あると思うけど・・・

ムダです。やめましょう。

英会話洋室には何歳から通わせると効果的か

週一回通うだけで0~3歳児が英語を話せるようになることは絶対にありません。週に3回以上、一回4時間程度、少人数で生活の中から英語を学ぶのであれば別です。

でも、そんな教室ってないですよね? 0歳から受け入れている教室の中身を見ると、お母さんと英語を使って触れ合っているだけ、そういう教室が多いのです。

これでは、目的が「小さいうちから英語に触れさせたい」というだけ以外の場合は効果はありません。そして、多くの場合小さいころに教室で英語に触れたかどうかは英語が話せるようになることに対してほとんど関係ありません。

0歳からそういう教室に通ったこともっと後から通い始めた子を比較しても、ほとんど差はないのです。

ドギー
ドギー
ええっ! そうなの??

もし、幼児期から何かをしたいというのであれば、ディズニーの映画を英語音声で流しておきましょう。それでこの時期はOKです。

 

0~3歳の時期に週一回英会話教室に通わせても意味がない

4~6歳の時期に英会話教室に通うべきかどうか?

さて、次は4~6歳、幼稚園や保育所に通っている時期はどうなのでしょう?

英会話教室に何歳から通わせると効果的か

結論から言うと、子供によります。

このころから英語を習いはじめると英語の音に対する感性は伸びます。「小学生高学年になるころには聞き取れる範囲が普段聞いている音に固定されてくる」といわれていますので、それを防ぐ為には習いはじめても良いでしょう。

バーディー
バーディー
英語耳ってやつだね!

しかし、このころの子供の多くはじっとしていられません。だから、英会話教室が提供できるものと言えば、歌ったり踊ったりすること。

特に講師の数に対して定員数が多ければ多いほど、歌と踊りがメインになるでしょう。そうしないと、収拾がつかなくなってクラス運営ができないからです。

キャッティー
キャッティー
歌って踊っているだけで、英語を話せるようになるの? それで話せるようになるなら、ぼくでも話せるようになりそう。

歌って踊っているだけでは英語を話せるようにはなりません。それどころか、ほとんど覚えられません。アルファベットすら書けるようにならない可能性もあります。

アルファベットが書けないということは、アルファベットを知らないということです。ということは、フォニックスも分かりませんし、単語を見ても読めません。

6歳にもなればフォニックスさえ覚えられればある程度単語が読めるようになります。でも、歌って踊っているだけではできません。

私の運営する教室にはそういう教室から移ってくる生徒さんたちもいますが、数年そこに通っていてもアルファベットから指導を始めることがほとんどです。そこでの数年は何だったのかと思わざるを得ないような状況になっているのです。

歌ったり踊ったりする教室でなけば集中力が続かないのであれば、まだ通い始めるタイミングではない。もう少し待っても大丈夫。

急がないで大丈夫ですよ!
ドギー
ドギー
でも、周りの同年代の子が通っていたら焦っちゃうんじゃない?

それは損しているだけなので無視してOK! と言いたいところだけど、もし不安なのであれば、これだけはしておいてください。

生活環境に英語の音を入れる。

どういうことかというと、先ほどの子供向け映画のDVDや、好きな洋楽があればそれを常にかけておけばいいということ。

しかも、集中させる必要はありません。テレビやCDプレーヤーの前にじっと座って、真剣に聞きなさい! なんてことは言わなくて大丈夫です。

ただ単にその場に音がある。それだけでOKです。耳は集中していなくても聞いていますので、音をちゃんと拾ってくれます。ここで大事なのは意味が分かるということではありません。あくまでも日本語よりも音程が広い英語の音になれるというところにあります。

その際のおすすめはオールディーズ。例えばカーペンターズ。

created by Rinker
ユニバーサル
¥3,200
(2018/11/20 15:57:03時点 Amazon調べ-詳細)

もしくはサイモンアンドガーファンクル。

 

最近の曲よりもこういう少し古い曲の方が発音がはっきりしていて、効果が高いと思われます。

ゴリ
ゴリ
オールディーズはオレも好きだぜ!

では、どの時期が英会話教室に通わせ始める最も良い時期なのか?

ズバリ! 言いましょう。

様々な情報、そして実際の経験から小学二年生が最も良い時期です。

理由は3つあります。

まず第一に、何かを誰からから学ぶということを小学一年生の一年間で体験してきていること。

これで机に座って何かを学ぶということがすでに生活の一部になっています。ということは、無理に歌ったり踊ったりしなくても集中力が保てる時期だということです。

すると、より「覚えなければならないこと」に講師が時間を割くことができるようになる為、より短い期間で英語を覚えていくことができるようになります。

第二に、小学生高学年になって英語を本格的に学び始めるまでにまだ時間があること。

2020年から小学5年生から今後は英語が教科にになっていきますが、5年生になるまでにまだ3年の余裕があります(2年、3年、4年で3年間)。

この間に英語を覚えていく為に必須となるアルファベットおよびフォニックスを覚えて、そしていくつかの単語を覚えていくことでスムースに英語の学習をスタートできます。

英検も無理なく4年生で5級、5年生で4級、そして6年生で3級とチャレンジしていけるでしょう。すると、中学生の間に準2級、そして2級を狙いやすくなります。

第三に、英会話力は十分そこからでもつけられること。

英会話教室に通わせる最も大きな理由は「英語が話せるようになってもらいたいから」だと思います。つまり、英会話教室に通わせて良かったのか、悪かったのかはそこで判断すべきなのです。

私が自分の教室を開いたその最も大きな理由は、とあるお母さんからこのような相談を受けたからです。

私は子供を2歳から12歳まで10年間英会話教室に通わせました。でも中学生になった今、英語を話すことができません。なぜでしょうか?

この言葉にショックを受けた私はいろいろと調べ、そして英語が話せるようにならない理由、そしてどうなれば話せるようになるかを研究しました。

その結果出てきた答えが、これです。

英語は話せば話すほど話せるようになる。

単純すぎて馬鹿らしいと思うかもしれませんが、これが真理です。

子供たちが英語を使って会話をするということに関してより強く意識するのは、意識できるのは、経験から言って早くて小学2年生ごろからです。それまでは、意識がふわっとしていて、話すということに意識を持っていけません。

だから、このあたりから「話す」ということ、そして「話せるようになること」を意識していくことで、日々の英語の学習が「話せるようになる未来」につながります。そしてだからこそ頑張れるのです。

「やったー!」
子供がすぐにあきらめてしまうとお悩みのお母さんへ → あきらめない力の付け方教えます。私は英会話教室で講師としても教えていますので、たくさんの子供たちと触れ合う機会があります。 うん。本当にありがたいこと。 ...
ゴリ
ゴリ
努力した後の未来を想像させられれば、それが欲しい未来だったら頑張れる。これは本当にそうなのかもしれないな。
小学二年生が英会話教室を始めるのに効果的な理由まとめ

①学習する態度が身についている。
②本格的に学校で学び始めるまで時間が十分にある。
③英会話力は十分身につけられる年齢

ドギー
ドギー
そう言えば、Takaの教室に通っている今小学6年生の女の子も、1年生後半から始めて、今結構話せるよね。

ただ実際のところ、本当のことを言えば始めるタイミングはお子様次第です。

早くからきちんと学ぶことに対しての態度ができている子は、早いうちから始めることでより長い時間英語に触れられますので、日々の頑張りを少なくしても英語力はついていきます。本人にとっては楽なのはこちらです。

ただ、学ぶ姿勢ができていないのに教室に通い始めるのは、本人にとってもつらいですし、なかなか他の生徒さんほど覚えられません。比較してしまうとついイラっとしたり、悲しくなったりしますので、お勧めできません。

勉強するのが好きな子であれば、早く始めるとメキメキ伸びますよ。

逆に、遅く始めたからと言って話せるようにならないかと言えばそういうこともありません。

私の英会話教室に小学6年生から通い始め、今高校2年生の女の子は英語がペラペラです。

ただし、この子の場合は教室に来るとき以外も勉強し、さらに英語に対する感性が最初から非常に高い子でした。そういう子は遅く始めてもメキメキ力をつけられます。

キャッティー
キャッティー
じゃあ、正解なんてないってこと?

正直に言えば、そう。

でも、たくさんの生徒さんを見てきて、またお母さんの相談に乗ってきて、分かったことは、「小学二年生から始めると、効果的=英語が話せるようになるくらい成長する可能性が非常に高い」ということです。

もちろん、それには「正しい英会話教室選び」というハードルもクリアしなければなりません。

でもすでに長くなったので、それは次回の機会にしたいと思います。

英会話教室の選び方7つのポイント
英会話教室を選ぶ際のポイント7つを現役英会話教室運営者が教えます!「そろそろ、子供に英語を習わせようかしら?」 最近ますます英語教育の話題が増えてきている今日この頃。 お母さん同士の話し合い...
英語教室と英会話教室の違い3
英会話教室と英語教室の違いとは? 通わせるとしたらどちらが良いのかお伝えします! 子供に英語を習わせようと思い、いろいろ調べていくと、あるところは「英会話教室」。あるところは「英語教室」。中には「英語塾...

 

POSTED COMMENT

  1. […] その詳しい理由はこちらの記事でお話しておりますが、ひとつ大きな理由を言うと英語をマスターするまでの時間から逆算し、そして子供の「学ぶ力」を考えた時に最も無理のないのがこの時期だからです。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。